3人に1人が感じている不眠症①

印刷用ページ[2019/06/15] 内科

こんにちは、横浜市都筑区のららぽーと横浜クリニックです。
だんだんと「暑い!」と思うことが増えてきて、この先に控える暑~い夏を想像させられます。今はまだ夜は少し涼しい気もしますが、夏本番は夜も寝苦しいなんてことが不思議ではないですよね。皆さんは普段から毎晩ぐっすり眠れていますか?

不眠は「眠れない」という夜間の苦痛だけではありません。 日中の眠気や、だるさ、集中困難など、心と身体にさまざまな影響を及ぼします。
夏に「寝苦しくて……」などという気候的な問題ももちろんありますが、ストレス社会ともいわれる現代社会において、不眠の訴えをもつ人は年々増加しています。
日本人成人の3人に1人が何らかの不眠の症状を感じていると報告されています。
「眠れない!!」と悩んでいるのは、あなただけではないのです!今回は日本人の悩みやすい不眠症についてお話ししましょう。

尿の色で健康チェックをしてみましょう

印刷用ページ[2019/05/15] 内科

皆さんこんにちは。横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。
突然ですが、皆さんは普段おしっこをする時に自分の尿の色を確認していますか?

……え?ちょっと恥ずかしい質問でしたか?ですが、自分の健康状態を知る手がかりの一つが「尿の色」にあるんですよ!
今回は尿の色から分かる病気についてお話ししていきましょう。

加齢臭は対策できる?

印刷用ページ[2019/05/01] 内科

こんにちは、横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。
暖かくなり汗をかくことも多くなってきました。自分の体臭が気になる季節になってきたのではないでしょうか。
さて、体臭といえば一番気になるのは『加齢臭』という方も多いのではないでしょうか。自分では気づいていなくても周囲の人は感じているかもしれませんよ。
そこで今回は皆さんが気になる加齢臭の原因や対策法についてご紹介したいと思います

アミノインデックス検査で、癌のリスクが分かる!?

印刷用ページ[2019/04/15] 内科

採血イラストこんにちは、横浜市胃腸科のららぽーと横浜クリニックです。皆さんは「癌(がん)の予防」って意識していますか?
と、急に言われても、ちょっと難しい話かもしれません。

一口に「癌」と言っても胃や大腸、肺、膵臓、前立腺……などなど、挙げたらキリがないくらい色々な臓器や部位の癌があるからです。「定期的に検査が重要です」なんて言われても、どんな検査から受ければいいのか分からないなんて方も多いでしょう。

そんな人の「どの検査から優先的に受ければいいのか」という疑問の指標になるのが、「アミノインデックス」という検査です。

皆さんはこのアミノインデックスという単語を耳にしたことがありますか?今回はこのアミノインデックスについてお話ししていきます。

肺炎は予防と早期発見が鍵!!

印刷用ページ[2019/04/01] 内科

皆さんこんにちは。横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。

今回のブログは皆さんご存じの「肺炎」についてです。肺炎というと「高齢者の病気」という印象をお持ちの方も多いようですが、実際には若い人や中高年でも発症しやすい病気です。
また、風邪と勘違いしやすい症状のせいで、肺炎と気づかずに放っておいて発見が遅れるケースが多いという特徴もあります
肺炎は予防と早期発見が治療への鍵です。
「マイコプラズマ肺炎」に関しては比較的最近当ブログでも記事にしたばかりですが、改めて、肺炎がどのような病気なのかをお話ししていきましょう。

つらい喉の痛みの正体は扁桃炎!?

印刷用ページ[2019/02/15] 内科

こんにちは、横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。

寒い日が続きますが、体調は崩していませんか?出かける時は暖かい恰好をして完全防寒して出かけましょう!風邪対策にマスクも忘れずに!

さて、今回は皆さんが一度は経験があるでしょう「扁桃炎」についてお話ししたいと思います。扁桃はどこにあり、扁桃炎はどんな症状か皆さんご存じでしょうか?

まずは扁桃炎の症状について説明したいと思います。

咳が止まらない!?その症状「マイコプラズマ肺炎」かもしれません

印刷用ページ[2019/02/01] 内科

こんにちは。横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。
皆さんは「マイコプラズマ」という言葉を聞いたことがありますか?
咳が何日も続き、病院でお医者さんに「マイコプラズマ肺炎の疑いがあるので調べてみましょう」なんて言われたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
マイコプラズマって一体どんなものなのでしょう?今回はマイコプラズマがどのような特徴を持つ病原体で、どのように感染していくのかを紹介していきます。

高血圧の原因は1つじゃない!?

印刷用ページ[2019/01/01] 内科

皆さん明けましておめでとうございます。横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。

年に1回、定期的な健康状態の把握のため、健康診断は大切ですが、その時「血圧」の項目で「良くない結果が出てしまった」という経験はありませんか?
前年より高くなっている方は「生活習慣を改めましょう」などの指摘があったかもしれません。そもそも高血圧の原因ってなんなのでしょう。そして、生活習慣を改めれば改善されるものなのでしょうか。

今回はそんな「高血圧の原因」をテーマにお話ししていきましょう。

 

​インフルエンザにかかる人、かからない人

印刷用ページ[2018/12/15] 内科
こんにちは、横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。
今回はインフルエンザのお話です。
皆さんの中には予防接種を行ったのにインフルエンザに感染してしまった人、予報接種をしていないのに感染しない人、A型とB型の両方を同時に、あるいは一度感染したのに再度違う型に感染してしまった人など……様々な方がいらっしゃると思います。
今回は「どうしてインフルエンザにかかる人とインフルエンザにかからない人がいるのか」をお話ししたいと思います。

「女性はトイレが近い」というのは本当?

印刷用ページ[2018/12/01] 内科
こんにちは。横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。
女性の方で「自分はトイレが近い」と感じた事のある方は多いと思います。
男性も「女性はトイレが近いというけどなぜだろう?」と疑問に思ったことがあるかもしれません。実際、頻尿の症状で当院を受診する患者さんの多くが女性です。
今回は悩まされている女性も多い「どうして女性はトイレが近いのか」というテーマでお話ししていきましょう。

「心臓癌」は存在しないの?

印刷用ページ[2018/11/15] 内科

皆さんこんにちは。横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。
以前「日本人の死亡原因で癌(がん)が増えている」というお話をしました。「癌」と名の付く病気は様々ありますが、体の色々な場所の癌の名前を聞く中で「心臓の癌」の話は聞いたことがないと思います。

なぜ心臓癌についてあまり話されないのでしょう?
今回は「なぜ心臓癌はないのか」についてお話したいと思います。

更年期障害を考えよう

印刷用ページ[2018/11/01] 内科

こんにちは。横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。

更年期障害」という言葉を、皆さんも一度は聞いたことがあると思います。ですが、更年期障害は「どういった症状が出るのか?」また「治療法はあるのか?」など、詳しくご存じでしょうか。
実は、更年期障害は誰でもかかる可能性があるものなのです。今回は更年期障害とはどのようなものか、お話ししていきましょう。

 

超悪玉コレステロールってなんだ!?

印刷用ページ[2018/10/15] 内科

こんにちは、横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。超悪玉コレステロールの想像図皆さんは、「悪玉コレステロール」や「善玉コレステロール」という言葉は聞いたことがあると思います。生活習慣病の話題にはつきものの、アレです。
ただ、「超悪玉コレステロール」という言葉は聞いたことがありますか?
「超悪玉」って……悪の親玉みたいな、なんだかとんでもなく悪そうなネーミングですよね(笑)。
今回はこの「超悪玉コレステロール」が、実際にはどういったものなのか説明していきます。

糖尿病ってどんな病気?

印刷用ページ[2018/10/01] 内科

こんにちは。横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。皆さんは生活習慣病と聞くとどんな病気を思い浮かべますか?
「高血圧症」や「脂質異常症」、「高尿酸血症」など、いくつかありますが、これらの生活習慣病は自覚症状がほとんどないため、気が付かないうちに病気が進行します。その結果、脳や心臓、血管といった体の大切な器官にダメージを与えていき、ある日突然狭心症や脳卒中といった恐ろしい病気を引き起こす可能性があるのです!

今回は「生活習慣病」の代表格とも言える「糖尿病」についてお話をしていきます。皆さんの糖尿病についてのご理解はどの程度でしょう。血糖値が高くなる病気?年齢を重ねてからなる病気?
……さて、実際のところはどうでしょうか??

【終了】2018-19年のインフルエンザの予防接種のお知らせ

印刷用ページ[2018/09/26] 内科

こんにちは、横浜市都筑区内科のららぽーと横浜クリニックのスタッフです。

日も短くなり、肌寒い日も多くなってきましたね。秋が感じられるようになってきて、温かいものが食べたくなってきますね。

ということは・・・今年もインフルエンザの季節がだんだんと近づいてきたということですね。

注射・座薬・内服、早く効くのは??

印刷用ページ[2018/09/15] 内科

皆さんこんにちは。横浜市の内科、ららぽーと横浜クリニックです。
皆さんは病院で処方されたお薬の「飲み方(体内に取り入れる方法)」が違うことを「何故だろう?」と意識したことはありますか?
前回の記事では薬の形の違いについてお話ししました。今回は「注射」と「座薬(外用)」、「内服」の、どの方法で薬剤を用いると即効性があるのかについてお話ししたいと思います。

 

錠剤・カプセル・顆粒の違いってなに?

印刷用ページ[2018/09/01] 内科

こんにちは、横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。
みなさんは、子どものころに病院で粉薬をもらって飲みづらくて嫌だったという記憶はありませんか?なぜ飲みにくくて苦いのに、粉薬というものがあるのでしょうか?
錠剤もあるのに粉薬を処方されたことに疑問を持ったことがある方もいらっしゃると思いますが、それには理由があるのです。今日は、そんな「薬の形の種類や使い方」について詳しく解説したいと思います。

足がつった!?こむら返りとは……?

印刷用ページ[2018/08/15] 内科

こんにちは、横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです!

皆さんは「こむら返り」ってご存じですか?突然足がピンとこわばり、絶望的な激しい痛みに襲われてしまう、アレです。
こむら返りというのは、「腓(こむら)=ふくらはぎ」に起こる痙攣の総称で、一般的には、「足が攣(つ)る」とも言われています。

今回は、なぜこむら返りが起こるのか、原因と対策についてご紹介したいと思います。

漢方薬と西洋薬

印刷用ページ[2018/08/01] 内科

こんにちは!横浜市の内科、ららぽーと横浜クリニックです!
医学の世界には、「東洋医学」と「西洋医学」という分類があります。「聞き覚えがある」という方もいらっしゃると思います。

では、それぞれの特徴や違いについて皆さんはご存じですか?
薬飲む人

言葉の通り、東洋医学は中国や日本などの東アジアで発展した医学のことで、西洋医学はヨーロッパやアメリカ等で発展した医学を指します。
詳しく説明していきましょう。

 

声はどうして枯れてしまうのか

印刷用ページ[2018/07/01] 内科

こんにちは。横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。

皆さんはカラオケに行った後やスポーツなどの応援の後、コンサートでたくさん声を出した後などに声が枯れることはありませんか?サッカー・ワールドカップの興奮で思わず叫んでしまった方もいることでしょう。風邪を引いた時にも声が枯れることがありますよね。

この「声が枯れる」ことを「嗄声(させい)」と言います。

今回は「声はどうして枯れてしまうのか」をテーマに、お話ししていきたいと思います。
 


新着情報

記事 新着(24時間)

-

コメント 新着(2日)

-

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。