横浜で内視鏡を使って大腸の検査を行うなら【ららぽーと横浜クリニック】~便秘とはどのような状態をいう?~

 » コラム  » 横浜で内視鏡を使って大腸の検査を行うなら【ららぽーと横浜クリニック】~便秘とはどのような状態をいう?~

そもそも便秘とはどのような状態を指す?

そもそも便秘とはどのような状態を指す?

日本人は便秘に悩む人が多いとよく耳にしますが、そもそも便秘とはどのような排便習慣のことを指すのでしょうか。実は、排便の回数や量には個人差があるため明確な定義はありません。毎日出ない方も珍しくありませんし、3日に1回しか出ないから便秘症というわけでもないのです。ただ、「どのような状態をもって便秘とするか」については、専門とする分野によって見解が分かれる部分もあります。

・内科による定義

便が3日以上出ない、毎日出たとしても残便感がありすっきりしない状態。

・消化器を専門とする日本の医学者たちによる定義

明確な定義はないが、数日に1回程度しか出ず、排便の間隔が不規則な状態や、便の水分含有量が少なく硬い状態を指す。それに伴う排便困難や腹部膨満感がある場合を便秘症という。

・消化器系疾患を研究する世界の医学者たちによる定義

週に3回未満の排便回数で、4回に1回以上硬い便が出たり、指や道具を用いて無理やり排便を促したりしている状態。また、4回に1回以上の頻度で強くいきまないと排便できない、残便感や閉塞感がある状態。

横浜で内視鏡を使った検査を受けませんか?~便秘は大腸の病気からきている可能性もあります~

横浜で内視鏡を使った検査を受けませんか?~便秘は大腸の病気からきている可能性もあります~

横浜内視鏡を用いた検査を行う【ららぽーと横浜クリニック】では、大腸の検査を受けることができます。便秘が続いている方は、大腸の病気が関係している可能性も考えられるため、「たかが便秘」と軽く考えずにぜひ一度ご相談ください。

横浜で内視鏡の検査を行う【ららぽーと横浜クリニック】が患者さんに選ばれる理由

横浜で内視鏡の検査を行う【ららぽーと横浜クリニック】が、多くの患者さんから選ばれてきたのは、使用している内視鏡が関係しています。直径1cm程度の細いチューブを肛門から挿入するため、痛みはほとんどありません。これまでの内視鏡検査と比べても、体への負担が格段に少ないのが特徴です。横浜で内視鏡による大腸検査を受けるなら、ぜひお問い合わせください。

横浜で内視鏡を使った検査を受けるなら【ららぽーと横浜クリニック】

名称 ららぽーと横浜クリニック
所在地 〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1 ららぽーと横浜1階
電話番号 045-929-5082(お電話でのお問い合わせは、14時~17時にお願い致します )
交通 JR横浜線「鴨居」駅(JR新横浜駅から2駅)より徒歩7分
ららぽーと横浜には以下の施設がございます
駐車場台数:4,824台(平日無料)
※土・日・祝に診察を受けられた方には駐車券(2時間サービス券)をお渡しします。
HP https://lala-clinic.jp/

コラム一覧

| 印刷用ページ