内視鏡は横浜で最高水準の胃・大腸の検査を提供する【ららぽーと横浜クリニック】へ~鼻からの胃カメラも受診可能~

内視鏡は横浜のクリニック【ららぽーと横浜クリニック】へお任せください

内視鏡は横浜のクリニック【ららぽーと横浜クリニック】へお任せください

内視鏡横浜のららぽーと横浜ショッピングモール内にある【ららぽーと横浜クリニック】にご相談ください。日本全国から内視鏡の検査や手術を受ける患者さんが集まる【ららぽーと横浜クリニック】は、2015年9月、内視鏡の検査・年間15,500件(の内視鏡8,000件・大腸の内視鏡7,500件)、日帰り手術・年間4,500件とクリニックとしてはかなりの実績を誇っています。

他にも、内科・皮膚科・アレルギー科・エイジングケアも診療しておりますが、待合室では誰がどの科を受診するのかわからないように配慮していますのでご安心ください。

横浜で内視鏡をお考えなら、最高水準の胃・大腸の検査を提供する【ららぽーと横浜クリニック】へ

横浜で内視鏡の検査をご検討中なら、患者さんが足を運びやすい環境で最高水準の医療を提供する【ららぽーと横浜クリニック】にお任せください。これまで、胃や大腸の内視鏡検査で痛い・辛い思いをされた方もいらっしゃるでしょう。

内視鏡検査は、施術を行う医師の技術や検査方法、使用する設備によって患者さんの負担も大きく異なります。【ららぽーと横浜クリニック】では、長年の経験から培った技術と知識を活かし、痛くない内視鏡検査を提供いたします。お電話・予約フォームにてお気軽にお問い合わせください。

鼻から内視鏡の検査を行うメリット

鼻から内視鏡の検査を行うメリット

食道や胃、十二指腸まで観察する胃カメラは、昔に比べると大分細くなりました。しかし、異物を飲み込むことに変わりはないため、咽頭部を刺激したときに嘔吐反射が起こり吐き気や痛みを感じる方も多いです。

横浜にある【ららぽーと横浜クリニック】では、からの胃カメラ(経鼻内視鏡検査)を採用しています。直径5.00mm(経口の場合は直径1cm)と極細の高性能カメラを使用しますので、嘔吐反射もほぼなく、楽に内視鏡の検査を受けることができます。

また、口からの胃カメラとは使用する麻酔も異なりますので、心臓や肺に与える影響も少なく体への負担が軽減できます。さらに、口を塞いでいないため、検査中に会話ができるところも鼻から内視鏡の検査を行うメリットです。

横浜で内視鏡をお考えなら【ららぽーと横浜クリニック】

名称 ららぽーと横浜クリニック
所在地 〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1 ららぽーと横浜1階
電話番号 045-929-5082(お電話でのお問い合わせは、14時~17時にお願い致します )
交通 JR横浜線「鴨居」駅(JR新横浜駅から2駅)より徒歩7分
ららぽーと横浜には以下の施設がございます
駐車場台数:4,824台(平日無料)
※土・日・祝に診察を受けられた方には駐車券(2時間サービス券)をお渡しします。
HP https://lala-clinic.jp/

コラム一覧

| 印刷用ページ