横浜で胃カメラなら鼻から挿入する「痛くない」内視鏡検査を~内視鏡の挿入で消化管に痛みを感じない理由~

 » コラム  » 横浜で胃カメラなら鼻から挿入する「痛くない」内視鏡検査を~内視鏡の挿入で消化管に痛みを感じない理由~

横浜で胃カメラ(鼻から挿入する内視鏡)による胃の健康チェックなら

横浜で胃カメラ(鼻から挿入する内視鏡)による胃の健康チェックなら

横浜胃カメラを受けようと考えていましたら、から挿入する内視鏡検査が可能な【ららぽーと横浜クリニック】へお越しください。先端に高性能カメラがついた5mm程度の細いチューブを使うため、痛みや違和感がなく、胃カメラに苦手意識を持っている方も安心です。

食道・胃・十二指腸をしっかり観察して胃痛や胃もたれ、胃癌の原因を正確に診断いたします。検査と同時に組織採取ができるのも、内視鏡の大きなメリットといえるでしょう。

チューブで消化管内に痛みを感じない理由

チューブで消化管内に痛みを感じない理由

内視鏡を鼻に挿入する際、局部麻酔が効いているため鼻や喉に痛みはありませんが、チューブが通る消化管は平気なのか疑問に思う方もいらっしゃるようです。結論からいいますと、痛みは一切ありません。なぜなら消化管の粘膜表面には痛みを感じる知覚神経が通っていないからです。そのため全身麻酔が必要なく、内視鏡のチューブが通過したり、生体検査にまわす組織を採取したりする場合も痛くありません。

よほど痛みに敏感な方は、生体を採取する際にツンと突かれるような感覚があるようですが、多くの患者さんが何も感じることなく検査を終えています。

ちなみに「胃が痛い」と感じている時、正確には消化管が痛いのではなく、お腹まわりの筋膜が引っ張られていたり、血流が悪くなったり、急激に筋肉が動いたりと、周囲の変動が関係している場合がほとんどです。全身麻酔をせずに内視鏡検査が行えるのは、こうした理由があるからです。

横浜で胃カメラのことは【ららぽーと横浜クリニック】~「痛くない」「苦しくない」と好評~

横浜で胃カメラを希望している方は、「痛くない」「苦しくない」と人気の胃内視鏡検査を行う【ららぽーと横浜クリニック】へお越しください。最新の機器を使用するだけでなく、検査数が年間3,000件を超える経験豊富な医師により、最高水準の検査を実現いたしました。経鼻内視鏡の弱点ともいわれていた画面の薄暗さについても、医師の近接操作のテクニックや色素染色次第で十分にカバーできますので、横浜で胃カメラを受けるなら【ららぽーと横浜クリニック】へご依頼ください。

横浜で胃カメラの検査を受けるなら【ららぽーと横浜クリニック】

名称 ららぽーと横浜クリニック
所在地 〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1 ららぽーと横浜1階
電話番号 045-929-5082(お電話でのお問い合わせは、14時~17時にお願い致します )
交通 JR横浜線「鴨居」駅(JR新横浜駅から2駅)より徒歩7分
ららぽーと横浜には以下の施設がございます
駐車場台数:4,824台(平日無料)
※土・日・祝に診察を受けられた方には駐車券(2時間サービス券)をお渡しします。
HP https://lala-clinic.jp/

コラム一覧

| 印刷用ページ