横浜で肛門科を受診するなら、女性も通いやすく相談しやすい【ららぽーと横浜クリニック】へ~痔を悪化させない食生活~

横浜で肛門科を受診するなら【ららぽーと横浜クリニック】へ~女性も来院しやすい雰囲気が特徴~

横浜で肛門科を受診するなら【ららぽーと横浜クリニック】へ~女性も来院しやすい雰囲気が特徴~

横浜肛門科を受診するなら【ららぽーと横浜クリニック】へお越しください。女性スタッフが対応するため、でお悩みの女性でも安心して受診していただけます。女性でも受診しやすい肛門科を横浜でお探しの方は、どうぞお気軽にお越しください。

痔を悪化させないための食生活

・避けたい食材

痔を悪化させないためになるべく避けたい食材には、まず刺激物が挙げられます。刺激物は適量であれば問題ありませんが、過剰に摂取すると排便時の痛みが増したり、肛門の炎症や痛みを引き起こしたりします。また味付けの濃い料理もおすすめしません。味付けのもととなる塩分は、体内の塩分濃度のバランスを崩しやすく、水分を欲するため下痢を引き起こします。それだけでなく、塩分の摂りすぎは体の冷えや高血圧も招き、痔を悪化させるリスクが高くなります。

他にも、アルコールの過剰摂取にも注意が必要です。お酒を飲むと血管が広がって血液の量が増加します。ところが、肛門付近の血管は非常に細いため、急に増加した血液に耐え切れずうっ血し、痔を発症したり悪化させたりしてしまうのです。

・積極的に摂りたい食材

横浜で肛門科を受診するなら【ららぽーと横浜クリニック】へ~女性も来院しやすい雰囲気が特徴~

反対に、積極的に摂りたい食材も存在します。代表的なものは食物繊維&ビタミンが豊富な野菜と果物です。食物繊維は腸内を掃除して便通をスムーズにしたり、ぜんどう運動を活発にしたりする役割があります。海藻類も食物繊維がたっぷり入っていますので、お味噌汁などから積極的に摂りましょう。

また、レモンやみかんなどに含まれるビタミンPには毛細血管を強くする働きがあるといわれており、痔を引き起こすうっ血の予防におすすめです。他にも、痔の原因となる便秘や下痢を予防するために、乳酸菌の入った乳製品も積極的に摂りたい食材といえます。日頃から腸内環境を整えておくことが、痔の予防に繋がります。

横浜で肛門科にまつわる相談や治療なら、痔の日帰り手術や内視鏡検査の実績ナンバーワンの【ららぽーと横浜クリニック】

横浜で肛門科にまつわる相談治療は、【ららぽーと横浜クリニック】へお任せください。【ららぽーと横浜クリニック】は痔の日帰り手術や内視鏡検査の実績ナンバーワンを誇ります。ショッピングモール内と立地も良く、通いやすいのが特徴です。胃腸や肛門などの不調を感じましたら、ぜひご相談ください。

横浜で肛門科にまつわる相談・治療をするなら【ららぽーと横浜クリニック】

名称 ららぽーと横浜クリニック
所在地 〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1 ららぽーと横浜1階
電話番号 045-929-5082(お電話でのお問い合わせは、14時~17時にお願い致します )
交通 JR横浜線「鴨居」駅(JR新横浜駅から2駅)より徒歩7分
ららぽーと横浜には以下の施設がございます
駐車場台数:4,824台(平日無料)
※土・日・祝に診察を受けられた方には駐車券(2時間サービス券)をお渡しします。
HP https://lala-clinic.jp/

コラム一覧

| 印刷用ページ