横浜の肛門科で痔の治療や日帰り手術を行うなら【ららぽーと横浜クリニック】~痔を防ぐための座り方~

横浜の肛門科で痔の相談・治療・日帰り手術が可能なクリニック【ららぽーと横浜クリニック】

横浜肛門科相談治療日帰り手術を受けるなら、ぜひ【ららぽーと横浜クリニック】へお任せください。痔の手術に関して、他の病院で入院が必要と判断されたケースのほとんどを日帰り手術にて治療してきた実績があります。横浜で肛門科や胃腸科の治療に力を入れるクリニックをお探しの方は、どうぞ【ららぽーと横浜クリニック】をご利用ください。

知っておくと安心・痔を防ぐための座り方とは

身近な疾患である「痔」ですが、日頃の座り方によってもそのリスクを軽減することができます。

・椅子に座る時の注意点

知っておくと安心・痔を防ぐための座り方とは

椅子に長時間座りっぱなしの方は、お尻に圧力がかかってしまうため肛門の周辺がうっ血しやすくなります。柔らかいクッションを敷いた場合や、フカフカのソファに座った場合でもそのリスクは変わりません。むしろお尻が沈み込んで肛門への負担が大きくなることもあり、注意が必要です。

また、ビニール製の椅子もお尻が冷えるため痔を招きやすくなります。下半身の冷えは痔の原因になることもあるのです。デスクワークなど、やむを得ず座り姿勢が多い方は、定期的に立ち上がったり、肛門部分に負担がかからないドーナツ型のクッションを敷いたりして、お尻をいたわってあげてください。

・床に座る時の注意点

椅子と同様、床に座る場合も肛門に負担をかけないように注意します。あぐらやお姉さん座り(横座り)などお尻が直接床につく座り方よりも、正座のほうが肛門への負担が少ないです。この時、かかとが肛門の下にこないよう座るのがポイントです。しかし、正座でも長時間同じ姿勢でいると下半身が冷えてしまうため、時々座り直したり立ち上がったりしてください。直接床に座るのではなく、座布団やドーナツ型クッションを敷くといった工夫も痔の予防に有効です。

肛門科を横浜でお探しならショッピングモール内で女性も通いやすい【ららぽーと横浜クリニック】

肛門科を横浜でお探しならショッピングモール内で女性も通いやすい【ららぽーと横浜クリニック】

肛門科を横浜でお探しの方は、ショッピングモール内にクリニックを構える【ららぽーと横浜クリニック】へお越しください。女性の方も気軽にご相談いただけるように配慮し、細かな説明と治療で不安を解消いたします。

来院しやすい肛門科を横浜で探しているという方は、ぜひ【ららぽーと横浜クリニック】をご利用ください。

肛門科を横浜でお探しなら【ららぽーと横浜クリニック】

名称 ららぽーと横浜クリニック
所在地 〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1 ららぽーと横浜1階
電話番号 045-929-5082(お電話でのお問い合わせは、14時~17時にお願い致します )
交通 JR横浜線「鴨居」駅(JR新横浜駅から2駅)より徒歩7分
ららぽーと横浜には以下の施設がございます
駐車場台数:4,824台(平日無料)
※土・日・祝に診察を受けられた方には駐車券(2時間サービス券)をお渡しします。
HP https://lala-clinic.jp/

コラム一覧

| 印刷用ページ