【横浜】大腸内視鏡検査の初診の流れや費用について解説 痛くないカメラを使用

横浜で大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けるなら、横浜市都筑区のららぽーと横浜クリニックへご連絡ください。大腸内視鏡検査とは、先端に高性能カメラがついた細いチューブ(直径1cm程度)を肛門から挿入し、大腸全体・小腸の一部を観察する検査です。大腸ポリープや炎症性腸疾患はもちろん、日本で年間8万人以上が罹患する大腸がんの正確な診断が可能な唯一の方法でもあります。

大腸内視鏡検査を行うことで、大腸がんを早期発見できるだけでなく、良性のうちにポリープを切除することで大腸がんを予防できます。こちらでは、大腸内視鏡検査の初診の流れと費用についてご紹介します。

横浜で大腸内視鏡検査(大腸カメラ)なら、ららぽーと横浜クリニック
初診の流れと費用について

横浜市で大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けるなら!

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けるにあたって知っておきたい、初診から実際に検査を終えるまでの流れと費用は以下のとおりです。

1.初診の流れ

予約可能なら予約をする

クリニックによって異なりますが、初診でも予約が可能な場合は予約をしましょう。中には、一度診察を受け、別日に予約を入れてもらわないといけないというケースもあるのですが、初診で大腸内視鏡検査の予約ができるクリニックもあります。

前日と当日の食生活に注意する

大腸内視鏡検査の際は、前日は早めの夕食、当日は食事が禁止されています。うっかり食べてしまわないように注意してください。

受付で保険証・その他必要書類を提出する

予約していた時間にクリニックへ行き、受付で保険証やその他の必要書類を提出しましょう。健康診断の結果などがあれば、一緒に持っていきます。

処置室で下剤を飲む

腸に何も残らないように、処置室で大腸をきれいにする下剤を飲みます。数回に分け、2リットルほどを飲むのが一般的です。何度かトイレに行って液体のような水様便になったらOKです。(自宅で下剤を服用してから来院する医療機関もあります)

検査室へ入る

検査着に着替え、名前が呼ばれたら検査室へ入ります。検査が始まるので緊張しますが、リラックスしておきましょう。

検査台で指示通りにする

検査台では、横向きになって寝転びます。鎮静剤を注射するほかに、腸の緊張をやわらげる薬も併せて注射する場合があります。

内視鏡検査中は肛門の力を抜く

内視鏡検査を受ける際、大事なのはリラックスです。肛門に力が入っているとうまくカメラが進んでいきません。リラックスして力を抜きましょう。カメラが映し出す映像を医師が見ながらチェックしていきます。

検査終了後は少し休む

検査が終了したら、少し横になったままで休みます。気分が悪くなった場合は医師や看護師に伝えましょう。

検査結果を聞く

身支度を整え、診察室で検査結果を聞きます。個人差やクリニック・病院にもよりますが、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は日帰りでの検査が可能です。

以上が大腸内視鏡検査の一連の流れです。検査後はお腹が張るため、オナラは出しましょう。また、鎮静剤を使用した場合は車の運転は禁止です。

飲食は1時間後から、激しい運動や湯船につかるのは避ける、という注意点もあります。便に少量の血が混じることもありますが、大腸内視鏡検査による影響なのであまり心配ありません。何か気になる症状がある場合は、医師に相談しましょう。

2.費用

内視鏡検査と聞くと高額な費用がかかる気がしますが、実はそれほど高くありません。特に処置もなかった場合は10,000円程度、ポリープを切除するなどの手術を行った場合は30,000円程度です。ただし、健康診断で検査をすすめられている場合と、自ら大腸内視鏡検査を希望する場合とでは費用が変わってくることもあるため、クリニックに問い合わせて確認しておくとよいでしょう。

横浜市にあるららぽーと横浜クリニックでは、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を行っております。カメラを肛門から入れる検査のため、痛みが気になる方や苦手意識がある方もいらっしゃるかもしれません。ららぽーと横浜クリニックでは、医師の技術と整った設備環境によりなるべく痛くない大腸内視鏡検査を行います。大腸癌を早期で見つける唯一の方法といわれている大腸内視鏡検査は、40歳以上になったら定期的に行うのが理想です。

横浜市で大腸内視鏡検査を受けるなら、ららぽーと横浜クリニックへご予約ください。日曜診療も行っており、初診でも予約可能です。

痛くないカメラによる大腸内視鏡検査は横浜のららぽーと横浜クリニックへ

大腸がん発見の唯一の方法!大腸内視鏡検査なら横浜市のららぽーと横浜クリニック

大腸内視鏡検査は、前日から食事に気をつける必要があります。また当日は何も食べられないだけでなく、下剤を飲む必要があるため、それが苦痛と感じる人もいるでしょう。

検査自体は数十分で終わり、内視鏡も腕がよい医師に行ってもらえれば、痛みはありません。何より大切なのは、緊張して力を入れずリラックスすることです。力を入れていると余計に痛みが出やすいため、意識して力を抜きましょう。

横浜市にあるららぽーと横浜クリニックでは、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を行っております。横浜で大腸内視鏡検査が受けられるクリニックをお探しなら、なるべく痛みがないように配慮した検査が受けられると評判のららぽーと横浜クリニックまでご相談ください。

横浜で大腸内視鏡検査を受けるならららぽーと横浜クリニックへ

サイト名 ららぽーと横浜クリニック
住所 〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035−1 ららぽーと横浜1階
電話番号 045-929-5082(お電話でのお問い合わせは、14時~17時にお願い致します )
交通

JR横浜線「鴨居」駅(JR新横浜駅から2駅)より徒歩7分

ららぽーと横浜には以下の施設がございます

駐車場台数:4,824台(平日無料)

※土・日・祝に診察を受けられた方には駐車券(2時間サービス券)をお渡しします。

保険 各種保険診療取り扱い
休診日 火曜日
HP https://lala-clinic.jp/

横浜で痔や胃腸の不調でお悩みの方へ

| 印刷用ページ