【横浜の胃腸科】感染性胃腸炎とは? 感染した場合のおすすめの対処法 祝日も診療

【横浜の胃腸科】感染性胃腸炎とは? 感染した場合のおすすめの対処法 祝日も診療

嘔吐や下痢、発熱を伴う不調は、感染性胃腸炎の可能性があります。こちらでは、消化器内科・胃腸科に対応しているららぽーと横浜クリニックが、感染性胃腸炎の原因や症状をお伝えするとともに、感染してしまった場合のおすすめの対処法をご紹介いたします。万が一感染してしまった時に役立つ情報ですので、どうぞご確認ください。

感染性胃腸炎とは?

【横浜の胃腸科】感染性胃腸炎とは?

ウイルスなどの微生物が原因となり発症する胃腸炎の総称を、感染性胃腸炎といいます。感染性胃腸炎の原因となる主なウイルスは、ノロウイルス・ロタウイルス・サポウイルス・アデノウイルスで、潜伏期間は1~2日です。

冬に流行することが多く、感染すると嘔吐や下痢、発熱などを生じます。3日程度で回復することが多いですが、症状がおさまった後も、便にウイルスが潜んでいることがあります(1週間~1ヶ月)。ウイルスが排出されている期間は、感染する可能性がありますので、注意が必要です。

感染した場合のおすすめの対処法

【横浜の胃腸科】感染した場合のおすすめの対処法

下痢や嘔吐を繰り返すと、体の水分が失われていきます。脱水症状を起こさないためには、こまめに水分補給することが大切です。水やスポーツドリンク、フルーツジュースなど、飲みやすい物を選んでください。ただし、冷たい飲み物や乳製品は、お腹の調子をさらに悪くする可能性がありますので、避けることをおすすめします。

また、排便することで、ウイルスも一緒に排出されます。下痢止めで排泄を止めてしまうと、悪化する可能性もありますので、下痢の症状が重い場合を除いては、整腸剤を服用して様子をみるほうが良いです。

感染性胃腸炎は、数日で自然とおさまることが多いですが、長引く場合や悪化している場合は、胃腸科のある医療機関にご相談ください。横浜にあるららぽーと横浜クリニックの胃腸科では、胃痛・腹痛・吐き気・下痢などにお悩みの方を診療しています。横浜で胃腸科のある医療機関をお探しの際は、どうぞお問い合わせください。

横浜で祝日も診療している胃腸科をお探しの方はららぽーと横浜クリニックへ

感染性胃腸炎に関する情報をお伝えいたしました。下痢や嘔吐などの症状がひどい場合は、早めに胃腸科のある医療機関に相談することをおすすめします。

横浜で祝日も診療している胃腸科をお探しの際は、ららぽーと横浜クリニックへお問い合わせください。横浜にあるららぽーと横浜クリニックは、祝日も診療可能です。

「ちょっと胃に違和感があるけれど、平日はなかなか仕事を休めない…」とお困りの方も、来院いただけます。平日の診療時間は9時~13時/17時~19時、土・日・祝日は9時~13時/14時~17時、休診日は火曜日です。横浜で胃腸科を受診したい方は、お気軽にお問い合わせください。

ららぽーと横浜クリニック 胃腸科のご紹介

ららぽーと横浜クリニックの胃内視鏡検査について

胃内視鏡検査とは、高性能カメラがついた細いチューブを鼻や口から挿入し、食道・胃・十二指腸を観察する検査です。

検査によって胃痛、胃もたれ、胃のむかつき、胃酸過多、胸焼け、腹痛、吐き気、吐血、下痢、呑酸、のどの違和感や閉塞感、味覚異常、食欲不振、体重減少などの原因となる胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性(慢性)胃炎(びらん性胃炎、肥厚性胃炎、萎縮性胃炎など)、胃アニサキス症、逆流性食道炎(胃食道逆流症)、胃がん、胃肉腫、胃悪性リンパ腫、粘膜下腫瘍、胃ポリープ、食道がん、食道カンジダ症、食中毒、胃アトニー、胃けいれん、機能性ディスペプシア、胃十二指腸憩室、胃拡張症の正確な診断が可能です。同時にピロリ菌のチェックも行っています。胃の造影検査(胃透視検査)で異常を指摘された場合の診断も行えます。当院では嘔吐反射が起こらない最小径の極細胃内視鏡を導入し、楽な検査をご提供しております。

胃内視鏡検査 詳細

ららぽーと横浜クリニックの大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡検査とは、高性能カメラがついた細いチューブを肛門から挿入し、大腸全体・小腸の一部を観察する検査です。

便潜血、腹痛、下痢、便秘、血便、軟便、泥状便、粘液便、しぶり腹、お腹がゴロゴロする、腹部膨満感、腹部の違和感、血便、残便感、便柱狭小化(便が細い)などの原因となる大腸(直腸)ポリープ、大腸(直腸)がん、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、感染性腸炎、過敏性腸症候群、アメーバ赤痢、虚血性腸炎、アフタ性大腸炎、薬剤性腸炎、大腸ポリポーシス、大腸憩室、腸管癒着症、腸閉塞(イレウス)、便秘(弛緩性・痙攣性・直腸性)の正確な診断が可能です。

大腸内視鏡検査を行い、良性のうちにポリープ(腺腫・過形成ポリープ)を切除すること(ポリペクトミー・EMR)で大腸がんを予防できます。

当院独自の先進的技法「完全無送気軸保持直線的挿入法」により、空気を全く入れないで挿入し、お腹が張らず負担の少ない検査を提供しております。

大腸内視鏡検査 詳細

横浜の胃腸科なら土曜日・日曜日・祝日も診療受付 ららぽーと横浜クリニック

サイト名 ららぽーと横浜クリニック
住所 〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035−1 ららぽーと横浜1階
電話番号 045-929-5082(お電話でのお問い合わせは、14時~17時にお願い致します )
交通

JR横浜線「鴨居」駅(JR新横浜駅から2駅)より徒歩7分

ららぽーと横浜には以下の施設がございます

駐車場台数:4,824台(平日無料)

※土・日・祝に診察を受けられた方には駐車券(2時間サービス券)をお渡しします。

保険 各種保険診療取り扱い
休診日 火曜日
HP https://lala-clinic.jp/

【横浜】消化器内科・肛門科・胃腸科をお探しの方に役立つ情報をご紹介!



https://lala-clinic.jp/staticpages/index.php/73-gastroenteritis-yokohama