大腸内視鏡検査で体の向きを変えるのはなぜ?

印刷用ページ[2021/08/15] 胃腸科
こんにちは、横浜市胃腸科のららぽーと横浜クリニックです。
みなさんは大腸内視鏡検査時に先生の言われる通りに体を動かした、もしくは体を動かしてもらった、という経験はありませんか?
大腸内視鏡検査では、患者さんの体を動かすことによって、スムーズに内視鏡を進めていく事が出来るのです。大腸の検査を苦痛なく完遂させる為に必要なテクニックの一つが体勢を換える…「体位変換」をすることです。
今回はその大腸内視鏡検査時の体位変換についてお話していきます。 

 

体位変換なんてしてるの?

なんとなく想像していただいている体勢は、横向きになってお尻を突き出して、膝を曲げて…という感じでしょうか。
その通りです。左向きに横になっている体勢から検査は始まります
検査が始まったらずっと左向きの体勢で検査が進み、そのまま終了すると思っておられる方も多いかもしれませんが、実はそうではないのですよ。

(当院では鎮静剤を使いますので、患者さんが寝ている間に検査が終わっている…なんてことも多いため、そう思われても不思議ではありませんね)
実際はどうなのか?というお話の前に、今回のお話の基礎になる大腸の形についてお話させて下さい。

 

大腸について

まずは、大腸は多弁物の消化吸収が行われた残りの内容物を最終処理する消化管で、成人では全長1.5~2.0m程あるとても複雑な形をしている臓器です。長さはもちろん個人差があります。
大腸は肛門に近い所から直腸、S状のようにくねくねと曲がりくねっているS状結腸、上へ伸びている下行結腸、反対側まで横断する横行結腸、下へ伸びている上行結腸、そして大腸の終点である盲腸があり、小腸につながっています。
そして、大腸には固定されていないS状結腸と横行結腸があります。
従来では、内視鏡を大腸に添って挿入したため、どうしても曲がり角の多いS状結腸や、横行結腸が伸びてしまい、内視鏡検査中に痛みが発生しました。
そんな複雑で安定しない大腸の検査を、苦痛なく完遂させる為に必要なテクニックの一つが体勢を換える…「体位変換」です。
では、具体的にどのような体勢があるのでしょうか。

 

体位変換の種類

内視鏡検査は寝る体勢で行うため、どの体位変換でも臥位という言葉が使われます。
臥位(がい)という言葉を普段の生活ではあまり耳にしないかもしれませんが、臥位は寝ている状態を表す言葉です。
臥位にはさらに詳しく、上を向いた寝姿の仰臥位、横を向いた寝姿の側臥位、うつぶせになった伏臥位があります。
内視鏡検査では下記のような3種類の体位変換を行います。

・左側臥位(左を下にした横向きの状態)

左側を下にした状態でおしりを後方に突き出し膝はほぼ直角に曲げた「くの字」状態の体勢です。
検査の最初はこの状態で始まります。S状結腸の途中(S-TOP)のあたりか、S状結腸と下行結腸の移行部の大きな屈曲(SDJS)あたりで「仰臥位(ぎょうがい)」になります。

・仰臥位(仰向け)

上を向いてカメラに足がぶつからないように右足を左膝の上に乗せて組んだ状態です。
左足は出来るだけお尻に近づけるように引き寄せます。(左足を近付けるのは内視鏡が足にぶつからないようにするため)
こうして上を向いたままの体勢で終点の盲腸まで進みます
しかし、時々仰臥位のままだと難しく脾弯曲部(横行結腸と下行結腸を繋ぐ曲がり角のこと:下の図の矢印のあたり)で下記の「右側臥位」という体勢になることがあります。

・右側臥位

右側を下にした状態でおしりを後方に突き出し膝はほぼ直角に曲げた状態です。
左側臥位の右側バージョンですね。右側臥位にすることにより重力で曲がりが緩やかになって横行結腸へ進みやすくなります。
右側臥位になったとしても、基本的にはまた仰臥位に戻り盲腸まで到達します。

ちょっと専門的な用語も入ってきて、少し難しかったでしょうか。痛みのない検査を行うための我々のノウハウだと思ってもらえればOKです。

 

体位変換の必要なの?

先述通り、大腸内視鏡は体の左側臥位の状態で開始します。
そこから上向いて右向いてまだ左向いて…と想像すると、患者さんからしたらゴロゴロと忙しなく感じるかもしれません。しかし、大腸内視鏡において体位変換をすることは非常に良い補助手段なのです。
少し大変だと感じるかもしれませんが、体勢を変えることで重力により曲がり角が緩やかになります。
それにより、患者さんが「痛い!」と思うポイントが少なくなる…つまり患者さんの楽へと繋がるのです。ですから、安心して身を任せて下さい。
ただ、股関節や膝に痛みがある、手術をした等で強く曲げる事が出来ないという方は、足を組まずに下ろす事も可能ですし、無理に曲げたりもしません。
充分に考慮致しますので、その際は是非ご相談ください。

 

最後に

いかがでしたか?
大腸内視鏡検査は、医師の腕により患者さんにかかる負担が変わってきます。ですが、医師の腕だけではなく、こうした体位変換を行うことでより、患者さんに楽に検査を受けてもらうことができるのです。
どの患者さんも皆さん体位変換を行います。その時に靴下をはいた状態だと仰向けになった際に足がつるつるとすべり安定しません。
「足が寒いから靴下を脱ぎたくない」「なんで靴下まで脱がないといけないの?」というお声をよく頂きますが、こんな理由があったんです。安心安全な検査を受けてもらうために必要なことです。もちろん、患者さんの洋服が汚れないためでもありますが、靴下は大腸検査前に脱いでいただくよう皆様にご案内してますので、ご協力くださいね。
これから検査を受けるつもりだ、という方や、どんな検査かイメージできないから受けるか悩んでいるという方が、少しは大腸内視鏡検査のイメージができたのなら幸いです。


新着情報

記事 新着(24時間)

-

コメント 新着(2日)

-

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。