東大医学博士による胃腸科肛門科の最新医療ブログ

胃腸肛門病専門の東大医学博士の日常と雑感をつづります。

  • 胃腸科(胃の経鼻内視鏡検査・無痛の大腸内視鏡検査・胃大腸ポリープ・胃潰瘍・大腸癌・潰瘍性大腸炎・血便・便秘・腹痛)
  • 肛門科(診察の受け方・痔核・痔ろう・裂肛・痛みに配慮した日帰り手術・ALTA注射療法)
  • 等についてのマニアックな専門知識を交えて提供します。

ピロリ菌の3次除菌は必要なの??

印刷用ページ[2017/06/15] 胃腸科

こんにちは。横浜市胃腸科肛門科のららぽーと横浜クリニックです。

暑い日も多くなって、皆さんは体調を崩していませんか?

私も夏バテを起こさないようにしっかり体調管理を行い、夏を乗り切ろうと思います!

さて、今回のテーマはズバリ…ピロリ菌です。

当院では年間6000件以上胃カメラを行っています。胃カメラでは、同時にピロリ菌の検査もでき、陽性反応があった方はピロリ菌の除菌治療(内服薬)が可能です。

2017年現在、保険適用で除菌ができるのは2回(2次除菌)までとなっておりますが、まれに二次除菌まで行ってもピロリ菌が消えない方もいらっしゃいます。

ピロリ菌の2次除菌も不成功に終わった場合、永遠にピロリ菌が胃に居続けることになるのかというと、実はまだ除菌のチャンスはあります。保険適用外にはなりますが、3回目の除菌を行うこともできるのです。

ピロリ菌についてはこちらの記事も読んでみてください!

ピロリ菌感染、高率で胃がんに(経鼻内視鏡.jpのブログ記事)

ヘリコバクターピロリ菌はいるか? 尿素呼気試験で判定(ららぽーと横浜クリニックのブログ記事)

続きを読む

感染性胃腸炎は「胃腸風邪」とも呼ばれます

印刷用ページ[2017/04/15] 胃腸科

こんにちは、横浜市胃腸科肛門科のららぽーと横浜クリニックです。

皆さんは咳や喉の痛み、鼻水といった風邪の症状はないものの、下痢や吐き気、発熱といった症状が出て病院を受診した経験はないでしょうか?

今回はそのような症状がでる「胃腸風邪」についてお話したいと思います。

続きを読む

ヘリコバクターピロリ菌はいるか? 尿素呼気試験で判定

印刷用ページ[2016/05/15] 胃腸科

当院で胃カメラを受診し、ピロリ菌の検査で陽性(ピロリ菌が住んでいる)と言われた方は基本的にピロリ菌の除菌をすることをお勧めしています。

除菌薬の内服後、「尿素呼気試験」と呼ばれる、息を吐くだけの検査でピロリ菌がいなくなったのかをチェックします。そんな尿素呼気試験に来院される患者さんへ向けて、除菌薬を処方されてから除菌判定結果を聞きに来るまでの注意点をまとめましたので是非参考にしてください。

続きを読む

潰瘍性大腸炎~お薬はちゃんと飲んでますか?~

印刷用ページ[2016/03/01] 胃腸科

今回は、潰瘍性大腸炎の患者さんに向けた記事です。

潰瘍性大腸炎のお薬(ペンタサ・アサコール・サラゾピリンなど)を「最近は調子がいいし飲まなくてもいいかな~」なんて考えて、自分の判断で中止したことのある患者さんはちょっとドキッとする内容をお届けしようと思います。

続きを読む

この症状が気になる!~げっぷ~

印刷用ページ[2015/12/01] 胃腸科

こんにちは。身近な症状にどんな病気が隠れているのかをお話していこうと思います。

今回のテーマになる症状は「げっぷ」です。

 

続きを読む

ストーマ(人工肛門)について

印刷用ページ[2015/11/15] 胃腸科

最近、「芸能人が大腸がん」というニュースを耳にするようになりました。なんだか、大腸がんが急に身近に感じられて怖くなりますよね。

大腸がんの中の「直腸がん」の手術では、「ストーマ(人工肛門)」というものを付ける必要がでてくることがあります。

今回は、その「ストーマ(人工肛門)」についてお話したいと思います。

続きを読む

腸管気腫症とは?

印刷用ページ[2015/10/15] 胃腸科

当院は年間で15,500件の内視鏡検査を行っています。大腸内視鏡検査だけでいえば7,500件となっています。(2015年9月のデータ)

これだけ沢山の検査をしていると、珍しい症例に出会うこともあります。

その中から、今回は「腸管気腫(ちょうかんきしゅ)」という所見についてお話したいと思います。

続きを読む

スキルス胃がんってなんだろう?

印刷用ページ[2015/10/01] 胃腸科

胃の内視鏡検査を受けられる患者さんに「検査を受けるきっかけになった事はなんですか?」と問診させていただくと…

「兄が去年、胃がんでなくなった。」「ママ友だった方が、突然胃がんでなくなったので。わかってから3ヶ月ぐらいしか経ってなかったんですよ。」と、検査する決心を後押しする出来事があります。

進行速く、比較的若い年齢で発症する胃癌・・・有名な「スキルス胃がん」です。

今回はこの「スキルス胃がん」についてお話しようと思います。

 

続きを読む

ヒトの大腸~肛門の発生学

印刷用ページ[2015/09/01] 胃腸科

こんにちは。皆様、体調はいかがでしょうか。さて今回は、クリニックのブログらしくこんなお話をしていきましょう。

「ヒトの大腸と肛門はどうやってできたのか?」

理科の授業?のようですね、内胚葉由来とか外胚葉由来だとか。中学生や高校生の頃を思い出します。

続きを読む

ニンニク点滴(ららぽーと横浜クリニック式)

印刷用ページ[2014/11/14] 胃腸科
当院のニンニク点滴は成分を工夫することで、点滴中から即、疲労回復効果を実感できるという魔法のような?特濃タイプのものです!

続きを読む


新着情報

記事 新着(24時間)

-

コメント 新着(2日)

-

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。