ららぽーと内視鏡センター

ららぽーと内視鏡センター

当院併設のららぽーと内視鏡センターは最新機器/業務支援システムを導入し、大学病院の内視鏡施設よりも充実した設備を誇ります。一例では、全国に先駆けて導入したオリンパス社の最上位機種であるハイビジョン内視鏡ユニット(Evis Lucera Elite)があります。

このEvis Lucera Eliteには、経鼻内視鏡検査(鼻からの胃カメラ)や大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を行う際に、特殊光を用いて粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調して詳しく観察するという NBI(Narrow Band Imaging)という機能が搭載されています。

また、オリンパス社が誇る超高感度CCDによって正常粘膜と病変を異なる色調で表示できる蛍光内視鏡(AFI : Auto Fluorescence Imaging)という機能も搭載されており、これに至っては当院が本邦初導入です。

当院ではこれらの特殊な観察機能に加え、高解像度の拡大内視鏡と特殊色素染色を併用することにより、「NBI+AFI+拡大内視鏡+特殊色素染色」という、微細な病変を発見へ向けた最高水準の内視鏡検査が可能です。

内視鏡の予約はこちら »

NBI(狭帯域光観察;Narrow Band Imaging)

NBI図

「NBI」は、血液中のヘモグロビンに吸収されやすい狭帯域化された2つの波長(390~445nm/530~550nm)の光を照射することにより、粘膜表層の毛細血管、粘膜微細模様の強調表示を実現します。擬似的な狭帯域画像を信号処理する方法では、粘膜組織の状態や観察条件によって結果が変化し、十分な効果を発揮できない恐れがありますが、「NBI」では、実際に照射する光の波長を変えているため、常に粘膜表層の毛細血管及び粘膜微細模様を効果的、安定的に強調処理することが可能です。

通常観察による大腸腺腫

通常観察による大腸腺腫
ポリープがあるが、わかりにくい

NBI観察による大腸腺腫

NBI観察による大腸腺腫
NBI観察でポリープがはっきりと浮かび上がる

NBI観察と拡大内視鏡を併用した大腸腺腫

NBI観察と拡大内視鏡を併用した大腸腺腫
ポリープ内の微小な血管や模様が見えるため、ポリープの種類の診断が可能

AFI(蛍光観察;Auto Fluorescence Imaging)

AFI図1
AFI図2

「AFI」は、コラーゲンなどの蛍光物質からの自家蛍光を観察するための励起光(390~470nm)と血液中のヘモグロビンに吸収される波長(540~560nm)の光を照射することにより、腫瘍性病変と正常粘膜を異なる色調で強調表示するための技術です。自家蛍光は、極めて微弱な光であるため、通常の小型CCDで検出することは困難でしたが、高感度CCDを搭載した最新鋭の内視鏡により鮮明な画質での観察が可能になりました。

通常観察による大腸ポリープ

通常観察による大腸ポリープ
ポリープと正常部位との色調は同様

AFI観察による大腸ポリープ

AFI観察による大腸ポリープ
AFI観察でポリープと周囲の区別が容易となる

特殊色素染色

特殊な色素液で観察精度を高めることができます。
色素液のたまりを利用して病変の凹凸を強調する「インジゴカルミン」、色素液が生体組織を染色する「メチレンブルー」、色素剤が特異的に反応する現象を観察する「ルゴール」「酢酸」等を利用することがあります。

通常観察による扁平ポリープ

通常観察による扁平ポリープ
通常観察ではポリープははっきりしない

特殊な色素染色による扁平ポリープ

特殊な色素染色による扁平ポリープ
色素散布で扁平なポリープが浮かび上がる

ららぽーと内視鏡センターでは、内視鏡検査を受ける患者さん正面に壁掛けの超大型液晶ハイビジョンモニター(50インチ)を設置しました。この大きさのモニターは日本の内視鏡施設としては史上初の試みです。内視鏡検査中に目が覚めていればリアルタイムに大画面を通し、映画感覚で病気の解説を受けられる、通称「シネマ内視鏡」を行っています。

シネマ内視鏡

ららぽーと内視鏡センターは、検査に関わるすべての人にとって優しい設計と業務手順を備えています。
例えば患者さんが胃と大腸の両方の内視鏡検査を受ける場合、まず胃内視鏡を済ませ、次に大腸内視鏡検査という手順になりますが、ららぽーと内視鏡センターでは、両検査のインターバルで患者さんが乗ったベッドを移動することなく、20分程度で検査終了となります。そして検査終了後は、患者さんはベッドで横になったままリカバリールームへ最短経路で直帰できる設計ですので、あっという間に簡単に全て終了したと感じる方が多いようです。

また、内視鏡室のサイズと通路位置の最適化や内視鏡機器の配置の工夫で最短導線となっているため、スタッフが患者さんをまめにフォローできます。その結果、実際以上に多くのスタッフが内視鏡検査に関わっているように感じる患者さんもいらっしゃいます。他の病院ではあり得ないレベルで内視鏡業務に熟達したスタッフたちの協力体制と大西院長による独自の先進的検査技法(完全無送気軸保持直線的挿入法)によって、快適で最高の内視鏡検査を提供しています。


このようにハード、ソフト両面で内視鏡技術の粋を集めた「ららぽーと内視鏡センター」は、日本の内視鏡検査を最先端でリードしています。


治療実績はこちら

よくあるご質問の「内視鏡検査について」「予約・費用・保険について」をご覧下さい。