大腸内視鏡検査 無痛で優しい大腸カメラ

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査とは、先端に高性能カメラがついた細いチューブ(直径1cm程度)を肛門から挿入し、大腸全体・小腸の一部を観察する検査です。

便潜血・腹痛・下痢・便秘・血便などの原因となる大腸ポリープや炎症性腸疾患はもちろん、わが国で年間8万人以上が罹患する大腸がん(がんの部位別では第2位で増え続けています)の正確な診断が可能です。

大腸内視鏡検査を行うことで、大腸がんを早期発見できるだけでなく、良性のうちにポリープを切除することで大腸がんを予防できます。

良性ポリープ

良性ポリープ
癌になる前に内視鏡で切除することで、癌を予防できる

癌化したポリープ

癌化したポリープ
内視鏡で切除可能な早期大腸癌。これ以上進行すると外科手術が必要

進行大腸癌

進行大腸癌
無症状だが、進行した大腸癌だった

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎
下痢や軟便が続き、内視鏡で診断された

以前は大腸内視鏡検査は大腸病の診断の最終手段でしたが、近年では様々な理由で、最初から予定する検査となりつつあります。
大腸がん検診について言うと、従来の会社の検診で行われているのは便潜血検査です。しかし、便潜血検査はがんがあっても約3割の見逃しがあるなど、診断精度に問題があります。
採血での腫瘍マーカー値(CEA,CA19-9など)も、がんが相当進行しないと異常値にならないため、共にがんの予防・早期発見の手段としては不適当です。
また、注腸X線検査(肛門からバリウムを入れる検査)は低コストの診断法ですが、いわば「影絵で判定する」方法なので、小さな病巣や平坦な病変は発見が難しいだけでなく、少量の便が残っているだけで、ポリープとの判別が困難で、結局は大腸内視鏡検査が必要となってしまうことが多いのが実情です。

一方、大腸内視鏡検査は「じかに大腸の粘膜を見る」方法なので、微細な病変も発見でき、同時に組織採取(生検)もできるため、確実な診断が可能です。また、病変があればその場で治療(ポリープやがんの内視鏡的切除)が可能です。

  • 健康診断又は人間ドックで便潜血が陽性であった時。
  • 便に一回でも血がついた時。
  • 便秘や下痢を繰り返したり、下腹部に痛みや違和感がある時。
  • 兄弟や両親等の身近な血縁者に大腸ポリープの多発者や大腸癌の方がおられる方。

これまでの一般的な大腸内視鏡検査では、腸内に空気を入れながら内視鏡を挿入するため、お腹の膨満感や痛みを伴うことが多く、途中で検査を断念するケースもありました。

しかし、当院の院長の考案した先進的技法「完全無送気軸保持直線的挿入法」は、空気の送入をまったく行わないため、お腹の膨満感や痛みが減り、「無痛」で検査できるようになりました。

大腸内視鏡検査の苦痛は検査を行う医師の技術に大きく左右されます。

大腸内視鏡検査

当院の大腸内視鏡の「無痛」という意味は、医師の最高水準の技術により、ほとんど痛み無しで大腸内視鏡検査を施行可能というものです。当院独自の先進的技法「完全無送気軸保持直線的挿入法」により、空気を全く入れないで、ほぼ直線的に大腸の一番奥まで到達するという手品のような検査法で、お腹が張らず苦痛のない検査が可能です。

この挿入法の習得には最低でも約5000件の大腸内視鏡の経験数が必要とされます。つまり、日本消化器内視鏡学会専門医の認定基準である「大腸内視鏡検査100件経験」を大幅に上回る修練と経験が必要です。また、この挿入法は経験症例数以外に多数の専門的なノウハウを要するので、この挿入法を行える医師は国内にほぼいないと言って良いでしょう。

さらに当院では国内トップシェアであるオリンパス社の最先端機種の中で最も軟らかい(=腸に最も優しい)内視鏡と軽い鎮静剤を使用して「無痛」を達成します。大腸内視鏡検査中に、腸の表面を見て患者さんと医師が会話しながら検査できる程度の軽い「鎮静」です(麻酔ではありません)。他の医療機関の『無痛』大腸内視鏡の「(挿入法はどうであれ)痛み止めをたくさん使用するので、眠っているうちに(痛みに気づかないうちに)終わります」というものとは全く別物であり、より高次元のものと言えます。

当院の院長は東京大学医学部附属病院在籍時に大腸肛門外科で最も多数の大腸内視鏡検査を手がけ、民間の内視鏡専門施設においても患者評価でトップランクを樹立しました。大学病院の後進の医師の指導も行う傍ら、インターネットや著書を通して内視鏡専門医へ独自の検査技法の普及に努めています。2015年現在、当院の大腸内視鏡検査数は、ほぼ全ての大学病院さえも上回っています。

「他の医療機関で大腸カメラを受けた時に苦痛があったので以後は検査をしていない」「他の医療機関で大腸内視鏡検査で失敗した(=一番奥まで到達できなかった)」という方の大腸内視鏡検査のご予約は特に歓迎いたします。
内視鏡予約フォームにその旨を御記載ください。

当院では、内視鏡検査で見つかった癌や前癌病変、ポリープの、なんと!96%以上を内視鏡で切除でき、しかも入院は不要です。

当院では同日中に胃内視鏡検査大腸内視鏡検査を続けて行うことができます。
(両方でわずか20-30分程度です)
同時に行うことによって通院回数が減り、医療費をお安くできます。

治療実績はこちら

よくあるご質問の「内視鏡検査について」「予約・費用・保険について」をご覧下さい。

※事前受診し(予約可能;045-929-5082)、大腸内視鏡検査の予約や基礎検査(採血等)を済ませます。

  • Step1

    検査前日

    水分(水・茶・スポーツドリンク)を努めて多く摂り、食事については消化に良く大腸に残らない食品を3食きちんと摂ります。夕食を夜9時までに済ませた後、処方された下剤を服用します。
    大腸内視鏡検査前日のお食事についてはこちらをご覧ください。

  • Step2

    検査当日の朝

    検査前処置用下剤

    検査の7時間前に、胃腸運動を活発にして吐き気を抑える薬を服用します。さらにその1時間後から、1.8リットルの水に溶かした前処置用の腸管洗浄液を1~2時間かけて数回に分けて飲みます(早朝の場合、検査4時間前からでも可)。この洗浄液は腸から吸収されませんので、同量の水を飲むのと比較するとかなり楽に服用できます。服用から約1時間たつと排便が頻回になりますが、2時間ほどすれば落ち着いてきます。
    ※希望により来院の上、院内で洗浄液を飲むことも可能です。

  • Step3

    来院・受付

    院内の様子

    洗浄液の効果が落ち着いたら、検査30分前までに来院し、受付を済ませます。(検査中に軽い鎮静剤を使用するため、自分で車を運転しての来院は避けます。)最終排便の性状チェックを行い、検査が正しく行える状態かを判断し(5~8回の排便により、便の性状が透明で黄色の水様になれば検査が可能です)、検査着に着替え特別待合室で待機します。

  • Step4

    検査

    大腸内視鏡検査

    左脇を下にして、ひざを少し曲げた状態でベッドに横になります。緊張を解くため、当院では軽い鎮静剤を使用します。 直腸診に続き、肛門から直径約12mmの内視鏡を入れ、5分ほどかけて大腸の一番奥まで挿入します。引き抜く際には、少しずつ空気を入れながら、10分間くらいかけて腸内をじっくり観察します。検査に要する時間は、腸の長さや形状により個人差があります。もしも、腸の粘膜に異常な発赤や盛り上がりなど、がんを疑う病変やポリープが見つかれば、特殊光や色素で精密診断し、内視鏡で生検(組織採取)したり切除したりできます。
    ※検査後は、リカバリー室で20~30分程度休みます。

  • Step5

    検査結果の説明

    大腸内視鏡検査

    診察室に入り、撮影写真を見ながら、検査結果の説明を受けます。過去の検査も含め、異常が認められない場合には、次の検査は2~3年後でもよいでしょう。検査後の食事は、「消化のよいものを腹八分目」にします。何らかの異常が見つかった場合には、1年後に検査を受けることをお勧めします。ポリープを切除した場合には、1週間は消化のよいものを食べて入浴を控え、5日間はアルコール摂取を控えます。重いものを持つ、激しい運動をする、飛行機に搭乗することも避ける必要があります。 組織をとった場合には、病理結果の説明を受けるために、10日後くらいに再び受診します。

体験談の一部しか紹介できませんが、文面は原文のままです。
ららぽーと横浜クリニックが他の病院ではあり得ない最高水準の無痛/安全/高精度な大腸内視鏡検査を行っている事を垣間見ていただければ幸いです。

こんなに楽で驚きました。ありがとうございました。

スタッフの方がたくさん話しかけてくださって、緊張をほぐしてもらえて、気楽に検査を受けることができた。

他院で大腸カメラを受けたことのある家族は、皆辛いと言っていましたが、まったく痛みがありませんでした。ありがとうございました。

検査=こわい、不安というイメージでしたが、まったく痛みもなくリラックスして検査にのぞめました。

下剤もつらくなく、検査もまったく痛みなしで、とてもよかったです。正直辛いものと聞いていたので、不安でしたが、先生から、大腸の先端まで入りましたよ、と言われた時は、「もう?」という感じでした。自分なりに肛門は狭いと思っていたので、痛みはあると思っていましたが、全くなかったです。

全く痛くなかった。家でできる事前処置も助かります。自分の家のトイレの方が気にせず使えるので。胃の検査よりも楽だったことに何より驚きました。

初検査で不安だったのに、皆さん親切で安心できた。待っている間は何度か声をかけてもらったのが良かった。検査前の先生の一言が大変うれしくて信頼できると思えた。

他院の検査と比較すれば、苦痛がほぼ無いに等しかったです。内視鏡検査のイメージが180度変わりました。

とにかく、院長先生をはじめ、スタッフの方々が優しくて、本当に安心して検査を受けられました。楽な検査など無いと思っていましたが、全く「楽ちん」な検査で本当に驚きです。

非常に軽やかな気持ちで受診。非常に感じが良くて感心しました。全て気持ちよくできました。

  • 流石、専門医で無痛。手際の良さに感心しました。
  • 前日からの準備も説明書通りで戸惑うことがなかった。当日の検査も看護婦の方の声かけや笑顔でとてもリラックスできた。苦痛も全くなかった。
  • 無痛。説明、検査前後のケア全て感激するほど良い。
  • さすが大腸内視鏡の名医との評判通り。すべてが高い水準で良かったと思います。会社の知り合いにも是非すすめたいです。
  • とてもテキパキとした看護師さんの対応にまず感心しました。検査も丁寧でこんなにも楽なものなのかと。もっと早く来院すれば良かったと思いました。また、院長先生の優しい声かけに安心して受けることができました。ありがとうございました。
  • 本当に無痛でした。他病院では検査後、腹部の痛みが続き辛かったですが、今回はなにもありませんでした。
  • 全く痛みがなく、自分の目で大きなモニターを見られる上に、医師と会話しながら検査してもらえることがすばらしい!こちらで大腸内視鏡検査を受けると、他で受ける気にならない(それ位良いという事です)。
  • 検査が始まるまでは心配で、心臓が口から飛び出すくらい緊張していました。検査が始まると先生の説明を聞きながらで、安心できました。まったく、苦痛はありませんでした。勇気を出して、胃カメラも受診しようと思います。
  • 今まで2回他院で大腸内視鏡検査を受けましたが、つらい印象しかありませんでした。今回は痛みも全く感じず、非常に楽な検査でした。
  • 段取りが良い、検査に苦痛がなかった、検査後が楽だった。
  • 非常に「安心」、「無痛」、「短時間」でした。
  • まったくといって良いほど苦痛を感じませんでした。また先生他スタッフの方のリラックスさせてくれるような気遣いに感謝です。
  • 癖になりそうな位?違和感もなく、先生の対応や看護師さんの対応もグーでした。
  • 設備はもちろんの事、先生をはじめ職員さんの人柄が申し分ありません。忙しいのにていねいな対応ですね!
  • 先生の技術面でのマチュリティーの高さがうかがえます。信頼関係を持って長くお付き合いしていけるお医者様を見つけることが出来て、大変喜んでおります。
  • 親切丁寧な事前説明と検査内容(スピード、検査、痛み全然なし)で感激しています。ポリープ発見もその場で処理はびっくりです。大画面を見ながら状態(胃・腸)を把握できることはすばらしいです。
  • 検査の流れがスムーズでありながら、スタッフも先生も人間味あふれていて、機械的、流れ作業的でなく不安がなかったです。
  • 他院にて盲腸癒着があり、かなり苦痛をともなうと聞いていたが、こちらではまったく苦しみを感じず助かった。
  • 先生はGod
  • 検査予約から終了まで、全てがシステマティック。検査がとても楽。
  • まったく苦痛がなく、先生も良かった。想像していたものと全く違った。
  • 先生も看護師さんもとても優しくて、内視鏡検査に対するトラウマがなくなりました。次回もぜひこちらで受けたいと思います。
  • 苦痛がない。検査を始める前に、先生が声をかけてくださるのと、看護師の方の励ましの言葉ときびきびした働きぶりで不安感がなくなりました。
  • 大画面のモニタを見ながら、説明が明確に理解できたのが良かった。
  • もっと恥ずかしいと思ったが、全く恥ずかしくなかった。
  • スムーズに終了できて良かったです。ありがとうございました。家で下剤を飲んだあと、電車で移動するのが不安だったのですが、乗換えごとにトイレに行くようにしたら大丈夫でした。
  • 検査があまりにあっけなく、短時間で終了してびっくりしているほどです。
  • スタッフの方をはじめ、院長先生も気さくで、とてもリラックスして心身ともに任せきることができました。麻酔もあって、胃の検査も腸の方も本当に「ラクラク」でした。ありがとうございます。待合室のインテリアなども、院内であることを忘れる心遣いがとてもありがたかったです。
  • 評判通りの腕、パーフェクト!
  • 迅速、安価、検査後の休憩ができる。
  • モニタで見られたのが初めてであったので、興味深かった。ポリープの切除も簡単。途中の説明もよく聞き取れた。
  • 皆さんが親切で気持ちが良い。
  • 全く痛みがないのが驚きました。最高の設備と先生の診察レベルは素晴らしい。
  • はじめての大腸検査でとても不安。何日も考えていましたが、こんなに楽に手早くみて下さるのなら、もっと早くみていただいた方が良かったです。先生、看護師さんの優しい言葉がけ、スピーディーな検査に大変感謝しております。ありがとうございました。家族の者もこちらで診て頂きたいです。
  • 仕事で忙しい人も、事前に薬を送ってもらえるシステムは最高です。
  • 気分良く画面見てよかったです。その場で中まで見て満足しました。
  • 痛みは全くなく、違和感もほとんど感じることなく、その場で先生とお話できるのは、安心を得る為にもとてもよかったです。
  • 注射をされてから内視鏡を入れられて迄の間、気分よく寝てしまい、入れられてる間、何も感じなかった。内視鏡は気持ちの悪い物と聞いていたので、よい方向に驚きだった。初めてだったので、とても緊張していたが優しく説明してくれて気持ちがほぐれた。
  • 苦しくなかった。もし困っている人がいたら紹介します。
  • なかなか、検査できる状態まで便の排泄の状態が悪かったのにも拘らず、最後まで親切に励まして頂き、初めての検査で怖かったのですが信頼できました。
  • 自宅から2時間かけて来た甲斐があった。よかったです。
  • 全く痛みもなく、リラックスでき、時間がとても短い。今後、知人や身内が必要になったら紹介する。
  • 手続きが簡単で、自宅に下剤が送られてくる。検査には苦痛をともなわず、とても楽でした。
  • 他の肛門科もいくつか受診しましたが、内視鏡の機械も、建物・設備も古く、DrもNsも年配の方で、暗い中お尻丸出しなまま長い時間待たされたりという、嫌で恥ずかしいイメージが大きかったですが、ここは全て新しく清潔で、スタッフも若く対応が早く明るくてよかったです。同年代で同じような体の悩みを持つ女性にすすめたいと思いました。
  • ほとんど痛みなく驚きました。こんなことだったら、胃カメラも併せてお願いしておけば良かった。
  • 何の苦痛もなく本当に楽でしたので、毎年受けたいです。設備もよく、すべてに満点でした。
  • 対応が丁寧で、皆さん清潔感があって良いですね。
  • 医療の最先端をいく設備が整っている。医師も含め。
  • 気がついたら終わっていたと言う感じ。苦痛ゼロでした。

よくあるご質問の「内視鏡検査について」「予約・費用・保険について」をご覧下さい。

小腸カプセル内視鏡検査

カメラを内蔵した長さ26mm×幅11mmのカプセルをビタミン剤のように口から飲み込むだけの内視鏡検査です。カプセルは、消化管内を通過しながら画像を撮影し、画像を記録装置に転送します。医師は、この画像をもとに小腸の診断を行います。

検査費用

保険診療の場合 約30,000円(胃大腸内視鏡でも原因不明の消化器出血がある場合、保険適用となります)
保険診療適用外 約100,000円

小腸カプセル内視鏡検査の流れ

※小腸カプセル内視鏡検査は、検査前に受診が必要となります。

  • Step1

    検査前日

    消化の良い食事を午後10時までに取り、その後の飲食はお控え下さい。
    喫煙はカプセルを飲む24時間前からおやめ下さい。

  • Step2

    検査当日の朝

    小腸カプセル内視鏡

    アンテナを腹部に貼付し、記録装置をベルトで腰に付けます。
    カプセル内視鏡を少量の水で飲み込みます。その後は職場や家庭にお戻りいただけます。

  • Step3

    検査の終わり

    およそ8時間後、病院に戻り、アンテナと記録装置を返却します。
    カプセルは排泄時に、体外に排出されます。

検査中の注意事項

  • カプセルを飲んだ後、2時間は絶飲食ですが、2時間後に水分、4時間後に軽い食事をお取りいただけます。
  • 汗をかくような激しい運動は避け、腰を曲げたり、かがんだりしないようにして下さい。
  • カプセルが体外に排出されるまで、MRI検査を受けたり、強い電波や磁気を出す機器の使用や、その周辺に近づくことはお避け下さい。