ぐるぐる目が回る?~回転性めまい~

印刷用ページ[2017/11/15] 内科

こんにちは、横浜市内科のららぽーと横浜クリニックです。

皆さんはめまいを経験したことはありますか?頻繁に起きている方も多いと思います。しかし、ただのめまいと軽く考えている人は要注意です。今回は、身近な「めまい」についてお話したいと思います。

 

■めまいの種類

めまいには大きく分けて3種類あります。

「回転性めまい」
「浮動性(動揺性)めまい」
「立ちくらみのようなめまい」

です。
全て紹介するととても長くなってしまうので、今回はこの中から「回転性めまい」についてご紹介したいと思います。

 

■ぐるぐると目がまわる「回転性めまい」

自分は動いていないにも関わらず、自分や周囲(天井や壁など)がぐるぐる回っているようなめまいを「回転性めまい」といいます。なったことがない方にも想像しやすいように例えれば、コーヒーカップに乗っている時のような感覚です。
では、回転性めまいがあると、どんな症状が起こるのでしょうか?

 

■回転性めまいの症状

・音が聞こえづらい(難聴)
・耳がつまった感じ
・耳鳴りがする
・吐き気
・嘔吐
など…

吐き気を伴う場合は、脳の病気ではないかと心配になりますが、回転性めまいの場合は命にかかわることは少ないですので過度に心配することはありません

 

■回転性めまいの特徴

回転性めまいの多くは、耳の異常が原因で起こります。放っておくと、難聴になる恐れがあります。また、脳出血や脳梗塞といった脳の異常でも回転性めまいが起こることがあります。

また、大きな特徴として回転性めまいには、「耳鳴りや難聴が伴わないタイプ」「耳鳴りや難聴が伴うタイプ」があり、それぞれに原因となる病気が違います。

 

■回転性めまいの原因

回転性めまいの多くは耳に原因があります。
耳の奥にある内耳には体のバランスを保つ機能があるので、内耳が障害されると回転性めまいを起こすことがあるのです

内耳には、体の回転を感知する三半規管や重力を感知する耳石器があります。そこから情報を得ると、前庭神経を通して脳へ伝えられます。この過程で異常があると体のバランスが崩れてめまいを起こします。前庭神経炎がめまいの原因となるのもこのためです。

 

■回転性めまいの検査

・問診
「何をしていて起こったのか」、「めまいを感じた時間やめまいの回数」、「めまいのほかにどういった症状がでたか」などを確認します。

・血液および血圧の検査
貧血や糖尿病、白血病などの血液の病気は、その症状のひとつとしてめまいを起こすことがあります。高血圧や低血圧でもめまいが起こることがあるため、血液や血圧を調べ疾患がないかを確認します。

・CT、MRI
めまいは脳の病気によっても引き起こされることがあるため、脳の病気が疑われる場合は、CTや MRI検査を行うことがあります。

・聴力検査
回転性のめまいを感じる場合には、耳が聞こえにくくなる場合があるため聴力検査が有効です。

・平衡の検査
身体のバランスをみる検査です。眼振検査や重心動揺検査などがあります。

・眼振検査
めまいの検査として代表的なものです。めまいが起きた人は眼球が絶え間なく動いているため、物を注視した状態と注視しない状態での眼球の動きを調べます。

・重心動揺検査
身体のバランス保持力を検査します。重心動揺計の検出台の中央に乗り、指定された方向を向いて立ちます。眼の前2~3メートル先に置かれた視標を60秒間じっと見させ、記録します。続いて、目を閉じて60秒間立ったままの状態で検査し、記録をします。

・温度刺激検査
仰向けになって30度に頭を上げた状態で、冷水や温水を耳の外耳道に注いで内耳の外側半規管を刺激する検査です。めまいに深く関係する前庭神経が正常に働いている場合、その方向に眼振が起き、水なら逆方向に眼振が起きます。

と、上記のように回転性めまいの診断には様々な検査があります。(もちろん、全て行うわけではないですよ)

 

■回転性めまいの治療方法

回転性めまいには、「耳鳴りや難聴が伴わないタイプ」「耳鳴りや難聴が伴うタイプ」の2種類があり、それぞれ原因となる病気が違ってきます。回転性めまいと診断された場合、下記のような治療方法があります。

 

●耳鳴りや難聴を伴わないタイプ

代表的なものは良性発作性頭位めまい症といいます。

・頭位治療

耳石やタンパク質などの粒子を三半規管の外に移動し、リンパ腺の流れを改善して、めまいを起こりにくくする治療です。
フレツェル眼鏡(目の焦点が合わないようにするために使用する検査用の特殊な眼鏡)をかけた患者さんの目の動きによって浮遊する耳石やタンパク質などの粒子の位置を推測しながら、頭をゆっくりと動かし、 耳石などを管から排出します。
1回の治療で改善する方もいますが、平均2~3回の治療で改善します。

・薬物治療

症状を和らげるために、
内耳の血流を改善する「循環改善薬」
めまいそのものを抑える「抗めまい薬」
めまいへの不安やストレスが強い場合には「抗不安薬」
などを服用します。

・運動による改善

めまいが続いても、安静にするのではなく、日常生活の中で、積極的に体を動かしたり、ウォーキングやヨガなどの運動をすることも症状の改善につながります。

■簡単に行える運動を紹介します。
1.片方の腕を前に伸ばし、手を握って親指だけを立てる。
2.視点を親指に合わせ、その状態から、顔をゆっくりと左右に20回くらい動かす。
3.親指を床と並行にして、視点を親指に合わせ、顔をゆっくりと上下に20回くらい動かす。
4.三半規管や脳を刺激して、めまいを起こしにくくします。首や肩のこりもほぐれます。1日に、1~2セット行うとよいでしょう。

 

●耳鳴りや難聴を伴うタイプ

メニエール病や突発性難聴、外リンパ瘻(がいりんぱろう)などの可能性があり、こちらのほうがより重症といえます。

・ストレス解消

患者さんの約8割は、ストレスをきっかけに発症しているためストレス解消を心がけましょう。

・薬物治療

水ぶくれの状態を軽減させる「利尿剤」
内耳の血流を改善する「循環改善薬」
めまいを抑える「抗めまい薬」
ストレスの軽減に「抗不安薬」
内耳の炎症を抑えてめまいや耳鳴りを抑える「ステロイド薬」
内耳の感覚細胞を麻痺させることでめまいを抑える「ゲンタマイシン」
などが処方されます。

 

■最後に…

いかがでしたか?

今回はめまい症の中の「回転性めまい」について紹介しました。自分が動いていないのにもかかわらず、景色がグルグルと回るようなめまいのことを言います。回転性めまいの原因の多くは耳にあり、「耳鳴りや難聴が伴わないタイプ」と「耳鳴りや難聴が伴うタイプ」の2種類に分けられます。

治療方法は症状により異なりますが、頭位治療、運動療法、ストレスの解消、薬物治療が主になります。耳に原因がある場合が多い為、詳しい検査は耳鼻科になりますが、当院の内科でも診察可能ですので、めまいに悩まれている方、お気軽に当院までご相談ください。

その他のめまいはまた今度、めまいブログ第二弾として「浮動性(動揺性)めまい」についてご紹介したいと思います。

 

続きを読む


新着情報

記事 新着(24時間)

-

コメント 新着(2日)

-

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。